ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京は、社会的な課題の解決に取り組む革新的な事業に対して、資金の提供と、パートナーによる経営支援を行っています。

ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京(SVP東京)

イベント Events

6/23 ソーシャルイノベーション・フォーラム ~日米のビジネスパーソンたちは、ビジネスと社会をどう変えていくのか?

※受付を終了いたしました。多くの参加ご連絡、ありがとうございました!

ソーシャルイノベーションと聞いて、皆さんはどんなことを想像されますか? 

「課題先進国」と呼ばれる日本において、私たちは好き嫌いに関わらず、何かしらの社会変革に関わりを持たざるを得ないのかもしれません。CSRやCSVという単語も、企業人にとっては聞き覚えのあるものになってきていると思います。一方で、「社会貢献」といった言葉をビジネスの世界で声高に唱えるには、まだまだ違和感のあるのが実態ではないでしょうか。

今回、エコッツェリア協会との共催で、日米のチェンジメーカー達の今を知るセッションを開催することにしました。SVP発祥の地である、米国のシアトルから、SVPInternational(SVPI)の創業者であるポール・シューメーカー(Paul Shoemaker)氏他、関係メンバーが来日する機会を利用して、米国のメンバーからはSVPIの取り組みを中心にお話しいただく予定です。SVPIは、ビジネスパーソンたちが、社会分野に自らもひとりの当事者としてイノベーションを起こそうとして始めた、社会版ベンチャーキャピタルとして、90年代後半に米国シアトルで創設された団体です。

日本からはSVP東京の活動内容に加え、日本企業が、あるいはそこで働く企業人が、どのような形で社会変革の担い手になっているのか、実例をご紹介いただく予定です。企業の本来事業と社会課題の解決がどのようにつながっていくのか、”For Profit” or “Not for Profit” の二者択一に代わる選択肢として、ソーシャルイノベーションを感じてみたいと思います。

今回のセッションは、米国からのゲストも含め、参加者の皆さん同志の交流がはかれるよう、立食パーティー風の寛いだ雰囲気で進める予定です。CSR部門などに属している方、個人でプロボノ活動をされている方など、日頃からソーシャルイノベーションに関わりのある方々は勿論、「何となく面白そう,ちょっと気になった」という軽く関心をいただける方など、どなたでも大歓迎です。お気軽に参加してくださればと思います。当日、会場でお会いできること、楽しみにしております。

SVP東京 臼井清(本セッション 企画担当)


■ ゲスト(予定)

Paul Shoemaker (SVPI)さん ご紹介
元マイクロソフト社勤務。SVP創設者の一人であり、SVPのこれまでの世界展開と並行して数々のNPOの理事としても活躍。非営利組織の持続的な成長や、ソーシャルセクター全体の生態系づくりにおいて、幅広く深い知見を持っており、2011-2012に於いて、全米の非営利業界における「もっとも影響力のある50人」にも選ばれています。

Ruth Jonesさん(SVPI) ご紹介
カナダのコミュニティ財団の事業部長を経てSVP Internationalの事務局長として活躍。精力的に各国・各都市のSVPのネットワーキングを支え、北米やアジアにおけるソーシャルセクターの状況にも通じています。

岡田直之さん(株式会社イトーキ) ご紹介
1987年にイトーキに入社以来、企業のワークプレイスをはじめ、ミュージアム、医療福祉施設、教育施設、物流センター、金融店舗、研究施設など200件以上のさまざまなプロジェクトに携わる。一方で、首都圏のオフィス市場分析、商品やサービスの企画開発、海外家具メーカーのマーケティングを担当し、現在はクライアントの課題解決型コンサルティングに従事。

田口真司さん(エコッツェリア協会) ご紹介
2010年3月にワールドカフェの活動を開始。企業で働く人や学生、NPO、主婦などあらゆる属性の人たちを集め、毎月テーマを変えたイベントを主催。2011年12月「企業間フューチャーセンター有限責任事業組合(LLP)」を設立。未来の社会について対話し、新たな価値創造に向けた活動を実施。2013年2月から現職。丸の内をオープンイノベーションの街にすべく、新たな社会的価値を形成し、ビジネス創出に向け活動中。

岡本拓也(SVP東京 代表理事) ご紹介
大学時代に1年間休学し、英国短期留学を経て海外約30ヶ国を旅行中に立ち寄ったバングラデシュにてマイクロクレジットと出会い事業による社会課題解決の道に出会う。大学卒業後に公認会計士に合格し、中央青山監査法人を経てプライスウォーターハウスクーパース株式会社にて企業再生に従事。2011年4月に、ソーシャルベンチャーパートナーズ東京の代表に就任。同年5月に、NPOカタリバの理事兼事務局長に就任。
開催概要
日時 6月23日(月) 19:00〜21:30(開場 18:40)
会場 3×3ラボ(さんさんらぼ) 
千代田区丸の内3-2-3 富士ビル3F
http://goo.gl/maps/45Eb2
参加費 1000円(軽飲食含む)
定員     先着50名
参加申し込み ※受付を締め切りました。たくさんの参加のご連絡、ありがとうございました。
■ 主催:SVP東京 http://www.svptokyo.org/
■ 共催:エコッツエリア協会 https://ecozzeria.jp/about/

■ SVPIについて

SVPは1997年に米国ワシントン州シアトルで創設されました。創設メンバーのビジョンは、ベンチャー・キャピタルのモデルを応用して、フィランソロピーのコミュニティを構築することでした。SVPモデルが北米で広がるにつれ、支部同士の連絡や新しい支部の立ち上げやコンサルティングの必要が生じ、2001年にゆるやかなつながりとしてSVP Internationalが創設されました。SVP東京は、このネットワークに2006年10月に加盟しています。2014年5月現在、アメリカ・カナダ・日本他に35の加盟団体と2000人以上のパートナー会員を持ち、革新的な非営利組織に対する、専門性と資金の投資を通じた組織の強化と、そうした非営利組織に深く関わる個人のフィランソロピストとしての教育などを行っています。

■ エコッツェリア協会について

エコッツェリア協会は、「一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会」や「NPO法人大丸有エリアマネジメント協会」の活動を通じて培われたエリア内の企業との協力関係をもとに、2007 年5 月に設立された一般社団法人です。新丸ビル10F の環境戦略拠点「エコッツェリア」を運営するなかで、産官学民とのパートナーシップを図り、大丸有(大手町・丸の内・有楽町)エリアのまちづくり推進や、エコに関する調査研究と情報発信、各種イベントの開催など、さまざまな活動を行っています。