アクセンチュア社との連携プログラムを実施します

今年も、アクセンチュア社との連携プログラム「NPO・社会起業家コンサルティングセッション」を行っています。

 

アクセンチュア社では、社会貢献事業に力を入れており、Corporate Citizenship推進室にて、様々な団体との連携プログラムを展開しています。

SVP東京とのプログラムは4年前から行っており、1月~8月までの毎月1回、社会起業家にご登壇いただき、社員の方によるコンサルティングセッションを開催いただいています。

 

■プログラム内容

セッション当日は、アクセンチュア社のさまざまな部門から、社員の方が20名ほどご参加くださいます。

社員の方の参加動機は、ボランティア・社会貢献にご興味がある、社会課題の当事者やサービスを受けているので貢献したい、他の社員の方との交流したい、新たなスキル・知識を習得したい等、さまざまです。

団体のスタッフから団体紹介をした後、ディスカッションしたいテーマを提示いただき、チームに分かれて2時間みっちり、社員の方によるコンサルティングセッションを行っていただきます。

団体の方がお持ちくださるテーマは、スタッフが業務において直面している課題です。

「スタッフが増えたので評価・人事制度をどのように設計すべきか」「企業向け提案は、どのようなターゲットにどのようなプロセスで行うのが最適か?」「自治体向けの営業戦略を立案したい」「顧客データベースを構築したい。何を考慮すれば良いか」などなど。

 

■参加団体

2018年は以下の2団体にお越しいただいています。

●特定非営利活動法人きずなメール・プロジェクト
自治体や病院と提供し、妊産婦さんとそのご家族に向けて子育て支援メールをお送りすることで、母親の孤立を防ぎ、地域とのきずなを育むサービスを提供しています。
代表理事:大島由起雄氏
URL:http://www.kizunamail.com/

 

●特定非営利活動法人つくばアグリチャレンジ
「障害のある人とごきげんな社会を創る」をモットーに、つくばで、農園・水田・養鶏場・レストランなどを運営し、はたらく場と生きる場の地域におけるモデル作りを目指しています。
代表理事:伊藤文弥氏
URL:https://gokigenfarm.com/

つくばにある農園を、社員の方と共に訪れる「現地訪問ツアー」も開催します!

 

毎回、社員の方のコンサルティングスキルに驚かされつつ、社会課題に共感くださり、惜しみなくスキルの提供をしてくださることを嬉しく思っています。

団体さんは、2時間のディスカッションのアウトプットを持ち帰り、団体内で次へ活かしてくださっています。また、回を重ねることにスタッフの方の、セッションの準備・リード・まとめ方・団体内での生かし方が上達していくことも、一つのトレーニング成果として心強く思っています。

この活動がご参加くださった方々のより良い明日につながることを願っています。

 

プログラム担当:SVP東京 土岐三輪