今年2019年も、アクセンチュア株式会社との連携プログラム「NPO・社会起業家コンサルティングセッション」を行っています。
アクセンチュアでは、社会貢献事業に力を入れており、Corporate Citizenship推進室にて、様々な団体との連携プログラムを展開しています。

SVP東京とアクセンチュアの社会起業家支援プログラムは5年前から行っており、1月~8月までの毎月1回、社会起業家に対して、社員の方によるコンサルティングセッションをご提供いただいています。


■プログラム内容
各セッションには、アクセンチュアのさまざまな部門から社員の方が20名ほどご参加くださいます。

団体の方から団体紹介とディスカッションしたいテーマをご提示いただき、チームに分かれて2時間半みっちり、コンサルティングセッションを行っていただきます。

団体の方がお持ちくださるテーマは、団体のスタッフが業務において直面している課題です。「企業からの受注に向けてどのような営業戦略を立てるのが良いか」「Webサイトを改善し、コンバージョンを高めたい」「スタッフとボランティアの人事評価をどう設計するのが良いか」など。 アクセンチュア社員の方の参加動機は、ボランティア・社会貢献にご興味のある方、社会課題の当事者やサービスを受けている方、新たな分野での経験の習得など、さまざまです。毎回、集中力を持ってディスカッションを行ってくださいます。


■参加団体
2019年は、2つの団体をお招きしています。

● 株式会社ピリカ/一般社団法人ピリカ
「科学技術の力であらゆる環境問題を克服する」
ポイ捨てごみ調査・回収および海洋/河川プラスチック調査に取り組み、定量的に問題解決を目指す団体
代表:小嶌不二夫氏
ttps://corp.pirika.org/

● スリール株式会社
「自分らしいワーク&ライフの実現へ」
子育てしながらキャリアアップできる人材と組織を創出する人材育成企業
代表:堀江敦子氏
https://sourire-heart.com/


毎回、社員の方のコンサルティングセッションによって、課題が引き出され、優先順位が整理され、次のアクションが決まっていきます。驚かされつつ、社員の方が社会課題に共感くださり、惜しみなくスキルの提供をしてくださることを嬉しく思っています。

団体は、2時間のディスカッションのアウトプットを持ち帰り、団体内で次へ活かしてくださっています。また、回を重ねることにスタッフの方の、セッションの準備・リード・まとめ方・団体内での生かし方が上達していくことも、一つのトレーニング成果として心強く思っています。

この活動がご参加くださった方々のより良い明日につながることを願っています。

アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンスの実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する47万7,000人の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。
アクセンチュアの詳細は www.accenture.com を、
アクセンチュア株式会社の詳細は www.accenture.com/jp をご覧ください。

担当:SVP東京 土岐三輪