Project Description

すべての子どもに楽しいご飯の時間を
~健康に溢れ優しい社会の創出に向けた食の情報発信とサポートの提供~

目の前のご飯を食べられないという悩みと向き合う子ども(と親・その保護者)が世間には49万人いると考えられています。原因は、噛む力や飲み込む力の発達の遅れ、食べ物の刺激や触感への感覚過敏、未知の食品への不安などです。原因は大人の思いもよらないことも多く、なかなか問題として認識されません。一方で社会には、「食べるのは当たり前」といった価値観があり、大人たちは良かれと思って子に食べさせようします。それが子どもにとっては苦痛となり、楽しいはずのご飯の時間が、大人にも子どもにも苦しい時間になってしまうという、負の連鎖が生まれてしまいます。

この状況を打破する具体的な施策としてmogは、食べられない理由や適切な対処方法に関する情報提供、必要に応じた医療機関への連携、保護者へのLINE相談対応、子どもの栄養摂取をサポートする製品の開発・提供を行っています。

これらの施策によって、「子どもや家族のストレスが軽減され、食卓に笑顔が戻ること」、また「子ども達が生涯にわたって食を楽しめ、それを家族や周囲が温かく見守れる、健康で豊かな優しい社会が築かれること」を目指していきます。

団体名 mog株式会社
代表者 小浦ゆきえ
受賞・表彰・連携等実績 第11回キッズデザイン賞受賞(2017)
子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門
SVP東京による
サポートの内容
  • 情報サイトの内容検討
  • 医療機関向け展開戦略検討
  • 財務計画(FP&A)
  • 体制強化
  • 相談事業強化
  • 商品戦略検討
URL https://kodomo-mog.jp/
https://www.tabeyou.jp/